<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

畑で感じたコト

休みの日に、近所に住むお義父さんの畑の様子を見てきました。
d0268044_927153.jpg

オクラは毎日ドンドンできるそうです。
新鮮なオクラはちょっとチクチクするけどとてもおいしい。


d0268044_9254241.jpg

胡麻はもうそろそろ。茶色くなったら収穫だそうです。実に胡麻がびっしりつまってましたよ。


d0268044_9413257.jpg

右が普通の大根で、左は丸大根だそうです。右の葉っぱのほうが少し濃いです。


d0268044_106490.jpg

白ネギですが根元から喰いちぎられています。多分キジの仕業じゃないかと。


d0268044_10101364.jpg

今は茄子が旬です。いつも採りたてだから贅沢ですよね。


d0268044_1073226.jpg

里芋ってこんななんだ!って言ったら笑われました。


d0268044_10111551.jpg

熊野では黒枝豆がよくつくられてます。もう少し寒くなったら食べごろです。


d0268044_1085533.jpg

この獅子唐は多分、京都の万願寺とうがらし。去年も頂いたけどもとてもおいしかった。

無農薬でされてるので動物に食べられたり、虫に喰われたり。
とても手間をかけて野菜づくりをしています。
食べておいしいと言うのは簡単で、いつも申し訳ない気持ちもありながら、
でもやはりおいしいと言われるのが一番うれしいようなので今は甘えています。
畑で野菜のコトを話してくれてるときのお義父さんはイキイキしてます。

畑、野菜、植物を通して、自然をより身近に感じ、
世の中のコト、政治のコト、日々の暮らしのコト、
先人から色々学ぶコト、気づかされるコトが多いです。


これから先のコトを考えると、朝は畑仕事をして、昼から本業をしてという生活になっていくのだろうか?
自然に逆らわない、受け入れる生活。
これが半農半X

やれるのか?

とまあ色々考えたりもするのですが、
結局たのしく、おもしろく自分のできるコトから、
理容師(X)という職を通して実践していきたいと思うのです。

大げさですが畑で感じたコトでした。




[PR]
by pichipatty | 2012-09-25 09:32 | 日々のコト | Comments(0)

nekotaniクッション

先日のおさんぽまーけっとでも大人気だったクッション作家nekotaniさん。
d0268044_1023881.jpg


ヴィンテージなどの古着や布をていね〜いにクッションにリメイクされてます。
ほんわかゆる〜い癒し系のnekotaniさんですが新作クッションを発表されました。

d0268044_1021424.jpg


タイトル『Fuji』  価格¥3,200-

横45×縦35×厚15(cm)

ご結婚や出産 お誕生日・課長昇進・大学入学などなど おめでたいシーン

「よっ!日本一!!」のお言葉添えて Fujiクッションを送っては如何でしょうか?

もちろん ご自宅用としても

和室・洋室 問わずお部屋にマッチすること請け合い。(写真・文 nekotaniさんのブログより

どうですか?
縁起のいい洒落の効いたFujiクッション。
モダンなインテリアとの相性もバッチリです。
d0268044_10283194.jpg

おすすめです!

当店でもオーダーを承っておりますのでお気軽にどうぞお問い合わせください。


d0268044_10443827.jpg

危うく連れて帰りそうになったおさんぽまさらにあったぬいぐるみ。




[PR]
by pichipatty | 2012-09-22 12:10 | モノ | Comments(0)

PEDE ピーター・ディーネスのコーヒーミル

d0268044_1346313.jpg

PeDe/ペーター・ディーネス』

19世紀後半から、ドイツのRemscheid(レムシャイト:刃物で有名なゾーリンゲンや、鉄鋼の街ヴッパータール近郊の街)で、ミルを製造していた大変由緒あるメーカーです。

d0268044_1348945.jpg


トレードマークは、精霊伝説が元になったと言われる「鹿の頭に十字架」。

正式な名称は、創業者の名前の“Peter Dienes”ですが、製品にはPeDeやDienesと略した刻印やマークが使われています。


d0268044_13481146.jpg



創業者の縁者により、オランダでもミルを製造していたようですが、ドイツもオランダの会社も、1960年代にザッセンハウスに吸収されるカタチで姿を消してしまいました。

当時、ザッセンハウスとPeDeの競争は激しかったようで、互いを意識したと思われる製品(ほとんど同じデザインのミル)
がいくつも残されています。

ザッセンハウスの知名度に比べマイナー感が否めないPeDeのミルですが、
僕はザッセンハウスよりもPeDeのほうがなんか好きだったりします。

もっと詳しく掘り下げてこのミルの歴史を知りたいので、知ってる方がいたら教えていただけるとうれしいです。是非!
[PR]
by pichipatty | 2012-09-15 08:57 | モノ | Comments(0)

『シネマシュカ、ちかちかシネマシュカ』阿部海太郎 

d0268044_13311085.jpg


阿部海太郎さんの3rdアルバムとアナログ盤7インチがリリースされていたのでさっそく購入。
日常と非日常を行ったり来たり、連れ出されたり戻ったり。
とてもきれいでかわいらしい音楽、ときに刺激的で気持ちのいい違和感。
1st アルバム『パリ・フィーユ・デュ・カルヴェール通り6番地』
2ndアルバム『SOUND TRACK FOR D-BROS』
も合わせておすすめです。



- 阿部海太郎 プロフィール -
1978年生まれ
。幼い頃よりピアノ、ヴァイオリン、太鼓などの楽器に親しみ、独学で作曲を行う。
東京藝術大学と同大学院、パリ第八大学第三過程にて音楽を専攻。
その頃から実験映画や舞台などへの音楽制作をはじめる。
2007年『パリ・フィーユ・デュ・カルヴェール通り6番地』を発表。
音楽とフィールドレコーディングに対する独特な視点や作曲力が注目される。
2008年に発表した2ndアルバム『SOUNDTRACK FOR D-BROS』では、
クラシックを土台にした自由な編成の室内楽を聴かせる。
また蜷川幸雄円質のシェイクスピア作品をはじめ精力的に取り組んでいる劇音楽では、
劇曲と演出の両面に真摯に向き合いながら劇音楽の新しい可能性を追求。
また写真家・ホンマタカシとの共同制作や、2011年秋より放送がスタートした『W座からの招待状』のメインテーマ、アニメーション音楽との音響効果を手掛ける。


[PR]
by pichipatty | 2012-09-14 11:00 | 音楽 | Comments(0)

新入荷情報!

TAKOMA FUJI RECORDSからの新作Teeが届きました。
d0268044_11454638.jpg

9月になりましたがまだまだ1枚でさらっと着ても、インナーとしても活躍してくれそうな
TACOMA FUJI RECORDS Tee。

まずは
FURUYA PLANTS (ARBUTUS UNEDO) designed by Jerry UKAI

d0268044_11494160.jpg

d0268044_11463015.jpg

d0268044_1147322.jpg


VallicansのメンバーでもあるMartha&Satoshi Ogawa 擁するFURUYA PLANTS
昨年制作したFURUYA PLANTS Teeがことの他好評であり、
今回もFURUYA PLANTS全面協力のもと、FURUYA PLANTSオフィシャルお中元Tシャツ(!)
のタコマフジ別注バージョンのリリースです。
フロントには前回のPINK OAKに続きARTUTUS UNEDOの学術的解説をプリント。
ブラウンボディは抜染による味わい深いプリントが印象的。
ホワイトボディはより一層柔らかくなった肌触りが心地いい1枚です。
デザインは昨年に続きジェリー鵜飼氏が担当しています。

Vallicansはスタイリストの岡部文彦氏(個人的にとても気になる方です)が発起人になり活動している農園芸集団で、
我らがタコマフジの渡辺友郎氏、デザイナーのジェリー鵜飼氏もメンバーです。

こちらの映像をお楽しみください。


Vallicansの存在を知ってからバリカンの使い方が変わりました。
自分で言うのもなんですが、前より思い切りがよくなった気がします。

こういうの観ると自分も何かちっちゃいゲリラできないかなあとつい思ってしまいます。


そして今年、東京のタカ・イシイギャラリーで開催された、
五木田智央氏の個展『VARIETY SHOW』の記念Tシャツ。
d0268044_11503391.jpg

d0268044_11521649.jpg


広島でも個展してほしいと思うのです。

気になる方は是非!
[PR]
by pichipatty | 2012-09-05 16:35 | モノ | Comments(0)

寄り道したい近所のお店 『花の散歩道』

当店の裏をまっすぐ奥に進むと、こんなところに!という感じで
ガーデニング工房 花の散歩道があります。
d0268044_15322598.jpg

植物とガーデニンググッズ、フェアトレード、ハンドメイド雑貨がメインのお店ですが、
ハンキングバスケット講座、アロマレッスン、料理教室なども企画され、
日々の暮らしの楽しみを提案されているお店です。
ガーデニングや植物の育て方も気軽に丁寧にやさしくアドバイスしてくださいます。
植物の駆け込み寺的な存在とでもいいましょうか。


d0268044_15421520.jpg

奥には手の行き届いたとても素敵なお庭があります。
d0268044_12104931.jpg
d0268044_12124524.jpg


夏休みを終え9月から10:00〜15:00オープンです。定休日は火、土、日、祝日です。
曜日と時間が合えば是非寄り道してくださいね。
[PR]
by pichipatty | 2012-09-05 15:12 | Comments(0)

うれしかったこと

今日とてもうれしかったコトが。
いつもお世話になっている京都の農園芸道具屋LIFETIMEのブログを見て、
同じ市内にお住まいのT様がてぬぐいを求めて来店されました。
ブログやフェイスブックも最近始めたばかりですが、
こうして自分やお店のことを知っていただけてうれしかったです。
また床屋でありながら新しい可能性を求めて自分にできる小さなコトから、
始めてきたコトが少しずつですがカタチになり始めたのかなあと、
自分としてはとても大きな出来事でした。

もしこのブログを見て気になるモノ、コトなどありましたら、
コメント欄やFBのメッセージからでも遠慮なくお問い合わせしていただければうれしいです。

今日てぬぐいをお求めのT様。
FBでお探しすることができなかったのでどうかコチラから友達申請お待ちしております。
[PR]
by pichipatty | 2012-09-01 22:39 | 日々のコト | Comments(0)