PEDE ピーター・ディーネスのコーヒーミル

d0268044_1346313.jpg

PeDe/ペーター・ディーネス』

19世紀後半から、ドイツのRemscheid(レムシャイト:刃物で有名なゾーリンゲンや、鉄鋼の街ヴッパータール近郊の街)で、ミルを製造していた大変由緒あるメーカーです。

d0268044_1348945.jpg


トレードマークは、精霊伝説が元になったと言われる「鹿の頭に十字架」。

正式な名称は、創業者の名前の“Peter Dienes”ですが、製品にはPeDeやDienesと略した刻印やマークが使われています。


d0268044_13481146.jpg



創業者の縁者により、オランダでもミルを製造していたようですが、ドイツもオランダの会社も、1960年代にザッセンハウスに吸収されるカタチで姿を消してしまいました。

当時、ザッセンハウスとPeDeの競争は激しかったようで、互いを意識したと思われる製品(ほとんど同じデザインのミル)
がいくつも残されています。

ザッセンハウスの知名度に比べマイナー感が否めないPeDeのミルですが、
僕はザッセンハウスよりもPeDeのほうがなんか好きだったりします。

もっと詳しく掘り下げてこのミルの歴史を知りたいので、知ってる方がいたら教えていただけるとうれしいです。是非!
[PR]
by pichipatty | 2012-09-15 08:57 | モノ | Comments(0)
<< nekotaniクッション 『シネマシュカ、ちかちかシネマ... >>