カテゴリ:人( 7 )

「羊と女」otopukeknit(オトプケニット)

来年、3月9(土)・10(日)・11(月)開催の

otopukeknit & JUBAN DO ONI 展示販売/受注会

「羊と女」

それに先駆けてニューオダ理容室/MIRRORでは

otopukeknitの先行展示をしています。

d0268044_15433486.gif



otopukeknit

北海道は十勝、音更町(おとふけちょう)を拠点に活動しているオーダーメイドのニットブランド。

毎回1人ひとりに合わせ編み図を起こし、

羊やアルパカの原毛を手紡ぎして糸にし作品をつくっています。

ブランドストーリー

むかし北海道の農家では、1、2頭の羊を飼っていて、
農業ができなくなる厳しい冬の間に、その毛を刈り、洗い、紡ぎをして毛糸にし、
家族のために防寒着を編んでいました。
子どもたちが成長して着れなきくなったセーターは、
次の冬に別の糸と合わせて少し大きなセーターに、ちょっきや靴下、手袋に編みなおされ、
ずっと大切に使われました。

今はほとんどなくなってしまったこの地の物語に心をうたれ、
その物語を引き受けていきたいと、
2015年にotopukeknitを始動。





オトプケニットは年に数回の受注展示会とメールのやり取りでのオーダーになります。
ですので、なかなか実物をお手にとって見れる機会がありません。

d0268044_17494238.jpg
3月の受注会まで先行展示していますので是非、見て、触れて、被って、
お気に入りに出会えますように。
ご来店お待ちしております。




















[PR]
by pichipatty | 2018-10-19 17:56 | | Comments(0)

「羊と女」JUBAN DO ONI (ジュバンドーニ)

来年、3月9(土)・10(日)・11(月)開催の

otopukeknit & JUBAN DO ONI 展示販売/受注会

「羊と女」

それに先駆けてニューオダ理容室/MIRRORでは

下着ブランド、ジュバンドーニの先行販売をしています。

d0268044_23274286.jpg
ジュバンドーニは、体と心も気持ち良い下着を目指して、2016年にスタートしました。

かつて着物が日常着だった頃、

日本の下着は肌襦袢と腰巻きという

布を纏うだけの開放的なスタイル。

洋服文化が定着すると共に

体を補正する役割を担うようになった下着は、

いつしか身体にとって少し窮屈になってしまったのです。

もう一度、昔の締め付けない下着の心地よさを
わたしの下着づくりに取り入れたい。

そうして生まれたのが、
JUBAN 襦袢(じゅばん)

ONI 童謡「オニのパンツ」で謳われているような ”つよくていいパンツ”
を掛け合わせた、JUBAN DO ONI (ジュバンドーニ)。

「オニのパンツはいいパンツ♪はこうはこうオニのパンツ♪」

JUBAN DO ONIが
あなたにとって身も心もゆるむ
今の時代のオニのパンツとなりますように。

d0268044_15165031.jpg
d0268044_15175347.jpg
ジュバンドーニ代表の黒川紗恵子さんは、
もともと肌が弱く、化繊の下着やゴムの締め付けが苦手で、
肌に優しい天然素材で、デザインもシンプルなものを探していましたが、
なかなかいいものに出会えず、欲しいと思えるものが無い。
「だったら自分で作るしかない」と
15年くらい思いをあたためて一念発起し、
知識も経験もないところからスタートされたそうです。

「身につけてストレスがないこと」をテーマに、
やわらかな肌触りの生地はGOTS認定のオーガニックコットン。
ウエスト部分はゴムを使わずリブ素材を用い、
生地と生地の縫い合わせ部分は内側に隠さず、
縫いしろのステッチ部分をあえて表にして肌に何も当たらないようにし、
そのステッチもデザインのアクセントになるようになど、
様々な工夫を凝らしつくられています。
d0268044_22515503.jpg
ニューオダ理容室/MIRRORでジュバンドーニの紹介ができることを嬉しく思っています。
ご自分用にはもちろん、プレゼントにも喜ばれるはず。
ぜひお試しください!










[PR]
by pichipatty | 2018-10-17 16:15 | | Comments(0)

DOODLIN' BARBER SHOP Tee


埼玉は所沢のナイスな床屋から
ショップオリジナルTシャツが届きました。
d0268044_22014391.jpg
DOODLIN' BARBER SHOP http://www.doodlin.net/index.htm
d0268044_22144563.jpg
合い言葉はGOOD MUSIC&POSITIVE VIBRATION!!
http://www.doodlin.net/info.html

d0268044_22174483.jpg
2年くらい前にFBで店主の高崎哲平さんの存在を知ったのですが、
ちょうど上京するタイミングもあって
なかば強引に押し掛けてお店を拝見させていただきました。
その時のブログ→http://odahaircut.exblog.jp/17190169/

d0268044_22230288.jpg
d0268044_22291648.jpg
毎年オリジナルのショップTシャツをリリースしてて、
いつかオダ理容室でも紹介したいと思っていました。


d0268044_22002354.jpg
架空の音楽レーベル DOODLIN' RECORDSバージョン 
ネイビー×ホワイト
d0268044_22010355.jpg
マイキードレッド http://ja.wikipedia.org/wiki/マイキー・ドレッド バージョン
バナナイエロー×チョコレート
d0268044_22032594.jpg
d0268044_22055457.jpg
d0268044_22064822.jpg

先日、広島でDOODLIN' Tシャツを着ていたイカした人に遭遇しました。
写真を取り忘れたので勝手に拝借!(ごめんなさい!)
d0268044_22301434.jpg
改めてかっこいいな思いました。

DOODLIN' BARBER SHOP Tee おススメです!











[PR]
by pichipatty | 2014-09-09 09:55 | | Comments(0)

始動!

LIFETIMEセレクトの園芸道具、
TACOMA FUJI RECORDSのTシャツを販売するようになってから、
オダ理容室に集まり始めた
広島の隠れゲリラガーデナー達がついに動き始めました。
d0268044_21413283.jpg
d0268044_21411924.jpg

d0268044_21421897.jpg


ファーストゲリラで植えた種が発芽したようです。
d0268044_21423232.jpg


今後の活動もここで紹介しますね。

『ゲリラガーデニング』という共通言語が生んだ縁。
ちなみにメンバーの誰一人当店でヘアカットはまだしてません。
あくまで園芸目的で床屋に集まった人達です。


興味のある方はお気軽にオダ理容室までお越しください!
お待ちしております!
[PR]
by pichipatty | 2013-05-30 21:42 | | Comments(0)

WEED&STONE DEALER by suolo

LIFETIMEのリニューアルオープンを記念して
『WEED & STONE DEALER by suolo POP UP SHOP』が開催されていました。
d0268044_13163722.jpg

WEED&STONE DEALERの水野さんとスタッフの大西さん。
奥からカメラで狙ってるのはLIFETIME説田さん。
suoloのディレクターでもある水野さんはブログを見たり、説田にいやんからお話を聞いていて、
とても気になる存在だったのでお会いできて、お話できてとても嬉しかったです。

ダンディで穏やかで気さくで男として憧れてるのですが、
なんと!同い年だったんです!
この男と。
d0268044_16224251.jpg

積み重ねた人生の違いですかね。

今回のテーマのひとつ
『FLOWERS NOT GUNS!』
d0268044_11252827.jpg

『武器を取るよりも花を飾ろう』

d0268044_11271816.jpg


d0268044_1321236.jpg


d0268044_13214971.jpg


日常の些細なことでも『FLOWERS NOT GUNS!』を忘れないように!


水野さん、大西さんありがとうございました!
原点のつながりに感謝!
[PR]
by pichipatty | 2013-05-01 17:10 | | Comments(0)

アアルトコーヒー

徳島の アアルトコーヒー アンド ザ ルースターからおいしいコーヒー豆が届きました。
d0268044_1225484.jpg

庄野さんの焙煎したアルヴァーブレンドを飲んだ時、
コーヒーの甘味をこんなに感じたのは初めてでした。

アアルトコーヒーのコトを知ったのは、コーヒーのおいしい淹れ方の本を探していて出会った
『たぶん彼女は豆を挽く』を読んでから。
d0268044_123164.jpg

誰でも簡単に、おいしく丁寧なコーヒーが淹れられるコツや、
道具について、保存の方法などが書かれていて、
コーヒーを楽しむ事をやさしく教えてくれています。
また、アアルトコーヒーができるまでのコト、できてからのコト、人との出会いのコトなど、
読むと勇気、やる気がわいてくる本です。おすすめっ!

毎日ハンドドリップでコーヒーを淹れるのですが、
毎回味が違うのがまた楽しいのです。

新鮮な豆を、そのつど挽いて、飲む分だけ、笑顔で淹れてみませんか?

まだ試されてないご近所の方はぜひ!

お待ちしております。
[PR]
by pichipatty | 2012-07-13 15:06 | | Comments(0)

LIFETIME+WORKS&LABO.

いつもお世話になりっぱなしの京都の農園芸道具店LIFETIMEが7月5日で9周年ということで、
少しご紹介をしたいと思います。
2003年、『ファッション・アート・音楽のカルチャー要素を園芸に取り入れる』
というコンセプトを掲げ、農園芸の枠を超え、園芸の楽しみを道具を通じて発信されています。
時間の経過で色褪せる事のない、機能的で普遍的、
ときにアヴァンギャルドなセレクトの農園芸道具は
こちらでチェック!


初めてHPを見た時、モノを売るだけでなく、
伝統、文化を重んじながら新しい価値観の提案をしている・・・。
異業種ながら目から鱗が落ちました。
なんとか繋がりが欲しいと思い、散髪屋で園芸道具を販売させてくださいという
無謀なお願いをしたところ、快諾していただき今にいたっています。


ジョセフベントレーアングル剪定ばさみ
d0268044_2273731.jpg

外山刃物 小型軽量剪定鋏
d0268044_227350.jpg

水やりが楽しくなるジョーロ、グローブ、ハンドスコップ
d0268044_2263856.jpg



またLIFETIMEのもうひとつの顔、
WORKS&LABO.は日本の職人による伝統と技術や、
選び抜かれたこだわりの素材を活かしたもの作り(=WORKS)に取り組み、
正統的・伝統的な園芸文化に対して二次的な側面を担う「園芸サブカルチャー」を追求(=LABO.)しています。
さまざまなジャンルのクリエーターと交流を深め、
業界を超えて「植物のある暮らし」の魅力を提案する農園芸レーベルです。

例えばラバーブーツ
d0268044_22105475.jpg

国内で消防靴など本格的な作業ブーツを手がけるメーカーの
柔らかく劣化しにくい高品質天然ゴムを最大限活かし、
農作業などのハードワークにも耐える機能性を追求。
完全防水!
女性のアンティーク靴に見られる曲線美や、
つま先上がりのシルエットをデザインに落とし込み、
さらに甲や丈に修正を加え、日本人の平均的な足型にフィットするようつくられています。


エプロンはシャツ地にも使われるようななめらかで程よい厚みのデッドストック生地のヒッコリー。
肩こりに配慮してのショルダータイプ。
足さばきにも配慮したレングス設定。
d0268044_2255378.jpg

使い込む程に味が出ます。


チノキャップ、チノハットと新色のロゴT
d0268044_2294759.jpg
d0268044_2293519.jpg

チノキャップ、ロゴTは感度のいいセレクトショップでも人気です。
Tシャツは音楽業界で活躍するTACOMA FUJI RECORDSとのコラボです。
ロゴデザインはアートシーンで活躍しているジェリー鵜飼氏

園芸に興味のある方はもちろん、色々アンテナをはっていて、時代の流れに敏感なかたは
是非LIFETIMEのHPを覗いてみてください。
圧巻の品揃えはもちろんですが、顔が見えないにも関わらず、とても気持ちのいい買い物ができます。
最近は海外からのアクセス、問い合わせも多いと聞いています。
これからの動きも要チェックですよ!
当店でも実際に道具に触れて、納得してお買い物できるよう、できるだけのことをしたいと思っておりますので、是非なんでもお問い合わせください。こちらへ

改めてLIFETIME 説田さん、9周年おめでとうございます。
いつも刺激をありがとうございまっす!
これからもよろしくおねがいしますっ!
[PR]
by pichipatty | 2012-07-05 20:15 | | Comments(0)