<   2018年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「羊と女」otopukeknit(オトプケニット)

来年、3月9(土)・10(日)・11(月)開催の

otopukeknit & JUBAN DO ONI 展示販売/受注会

「羊と女」

それに先駆けてニューオダ理容室/MIRRORでは

otopukeknitの先行展示をしています。

d0268044_15433486.gif



otopukeknit

北海道は十勝、音更町(おとふけちょう)を拠点に活動しているオーダーメイドのニットブランド。

毎回1人ひとりに合わせ編み図を起こし、

羊やアルパカの原毛を手紡ぎして糸にし作品をつくっています。

ブランドストーリー

むかし北海道の農家では、1、2頭の羊を飼っていて、
農業ができなくなる厳しい冬の間に、その毛を刈り、洗い、紡ぎをして毛糸にし、
家族のために防寒着を編んでいました。
子どもたちが成長して着れなきくなったセーターは、
次の冬に別の糸と合わせて少し大きなセーターに、ちょっきや靴下、手袋に編みなおされ、
ずっと大切に使われました。

今はほとんどなくなってしまったこの地の物語に心をうたれ、
その物語を引き受けていきたいと、
2015年にotopukeknitを始動。





オトプケニットは年に数回の受注展示会とメールのやり取りでのオーダーになります。
ですので、なかなか実物をお手にとって見れる機会がありません。

d0268044_17494238.jpg
3月の受注会まで先行展示していますので是非、見て、触れて、被って、
お気に入りに出会えますように。
ご来店お待ちしております。




















[PR]
by pichipatty | 2018-10-19 17:56 | | Comments(0)

「羊と女」JUBAN DO ONI (ジュバンドーニ)

来年、3月9(土)・10(日)・11(月)開催の

otopukeknit & JUBAN DO ONI 展示販売/受注会

「羊と女」

それに先駆けてニューオダ理容室/MIRRORでは

下着ブランド、ジュバンドーニの先行販売をしています。

d0268044_23274286.jpg
ジュバンドーニは、体と心も気持ち良い下着を目指して、2016年にスタートしました。

かつて着物が日常着だった頃、

日本の下着は肌襦袢と腰巻きという

布を纏うだけの開放的なスタイル。

洋服文化が定着すると共に

体を補正する役割を担うようになった下着は、

いつしか身体にとって少し窮屈になってしまったのです。

もう一度、昔の締め付けない下着の心地よさを
わたしの下着づくりに取り入れたい。

そうして生まれたのが、
JUBAN 襦袢(じゅばん)

ONI 童謡「オニのパンツ」で謳われているような ”つよくていいパンツ”
を掛け合わせた、JUBAN DO ONI (ジュバンドーニ)。

「オニのパンツはいいパンツ♪はこうはこうオニのパンツ♪」

JUBAN DO ONIが
あなたにとって身も心もゆるむ
今の時代のオニのパンツとなりますように。

d0268044_15165031.jpg
d0268044_15175347.jpg
ジュバンドーニ代表の黒川紗恵子さんは、
もともと肌が弱く、化繊の下着やゴムの締め付けが苦手で、
肌に優しい天然素材で、デザインもシンプルなものを探していましたが、
なかなかいいものに出会えず、欲しいと思えるものが無い。
「だったら自分で作るしかない」と
15年くらい思いをあたためて一念発起し、
知識も経験もないところからスタートされたそうです。

「身につけてストレスがないこと」をテーマに、
やわらかな肌触りの生地はGOTS認定のオーガニックコットン。
ウエスト部分はゴムを使わずリブ素材を用い、
生地と生地の縫い合わせ部分は内側に隠さず、
縫いしろのステッチ部分をあえて表にして肌に何も当たらないようにし、
そのステッチもデザインのアクセントになるようになど、
様々な工夫を凝らしつくられています。
d0268044_22515503.jpg
ニューオダ理容室/MIRRORでジュバンドーニの紹介ができることを嬉しく思っています。
ご自分用にはもちろん、プレゼントにも喜ばれるはず。
ぜひお試しください!










[PR]
by pichipatty | 2018-10-17 16:15 | | Comments(0)

TACOMA FUJI RECORDS 2018AW SWEAT


タコマ、オリジナルボディのフーディに続いて今期からリリースされる、
バインダーネック仕様のスウェットシャツ。

d0268044_17154864.jpg
第一弾は刺繍のマウンテンマウス。

d0268044_17160007.jpg
今シーズンのタコマフジロゴマークはスウェットでのリリースです。

d0268044_17161270.jpg
ゼブラパターンロゴはスェットはヘザーグレイボディで。

d0268044_17163505.jpg
d0268044_17164721.jpg
フーディー同様、ボディはやりすぎなクオリティです。

フーディー、スウェット、今シーズンの本命は?ダークホースは?
どうなるのか楽しみです!

10月20日(土)9:00から販売開始です!!!
よろしくどうぞー


[PR]
by pichipatty | 2018-10-16 17:27 | Comments(0)

TACOMA FUJI RECORDS 2018AW HOODIE

2018タコマフジレコードフーディーが今季も入荷します。
昨年から展開しているタコマフジオリジナルボディのフーディー。
d0268044_09591243.jpg
オーソドックスで強度の強いカレッジフォント。
無数にあるフォントをベースに細かい微調整を繰り返し、
結果的にオリジナルフォントになったという完成度の高い1着です。


d0268044_09593703.jpg
タコマフジがイベント出店時に限定商品として登場し、
取扱店もイベントに現地に行かないと手に入れることができなかった
刺繍仕様のMOUNTAIN MOUSEがフーディーで登場です。


d0268044_09595191.jpg
去年から展開している、無地でもいいじゃない?と思うくらいの
肉厚で張りがあり、肌触りも良い国産ボディに
控えめなアートワークが具合のいいアクセントになっています。

d0268044_10000820.jpg
今夏、突如登場したPSSCのスウェット第一弾はヘザーグレイボディのパーカ。
バックプリントがフロントに配置されている仕様でのリリースです。

10月20日土曜日、
店頭、ウェブショップ共にAM9:00から販売開始予定です!

よろしくお願いいたします。





[PR]
by pichipatty | 2018-10-15 10:44 | モノ | Comments(0)

boga boga Looplin

boga boga Looplin/ボガボガループライン

近年、日本各地で社会問題となっている野生鹿(ニホンジカ)による「食害」。
農作物や森林の樹木を荒らす等の被害が広まり続け、
駆除による頭数調整が行われているがそのほとんどが廃棄されるという現状。
そういった害獣問題の解決に力をそそぎ、
単なるボランティアではなく社会や人の役に立つことこそ、
ビジネスとして成立するよう、野生動物保護管理により捕獲されるニホンジカの命を無駄にすることなく、
貴重な自然資源として鹿革(皮)・鹿角・鹿肉の全てを活用、
再利用し循環させる仕組みに取り組み、ニホンジカの副産物の有効活用を目指しています。
鹿革の特徴を活かしたバッグやシューズは海外の展示会でも高く評価され、
質が高く機能性のあるシャツやカットソーは日本の産地と取り組んで作られています。

d0268044_17281474.jpg
軽くて履き心地も最高なシューズ
d0268044_17305325.jpeg
柔らかく上品な印象のお財布
d0268044_17314514.jpeg
d0268044_17324757.jpg
Potentiality Packable Bag は
兵庫県で頭数調整された野生鹿。
独自の鞣し製法(オリジナル)で仕上げられた革を使用。
ボディはシェットランドウール×リネン素材。
折り畳んでもシワになりにくく、
リネン混にすることで強度をもたせています
d0268044_17330562.jpg
d0268044_17332434.jpg
とってもおすすめです!





[PR]
by pichipatty | 2018-10-12 17:39 | モノ | Comments(0)

オトプケニット&ジュバンドーニ合同展示販売&受注会

d0268044_22403601.jpg
来年3月、『羊と女』と題し、
オトプケニット&ジュバンドーニが、
東京と広島で合同展示販売&受注会を開催します。
広島での開催場所はニューオダ理容室/MIRRORです。
それに先駆け本日より店頭にて、
オトプケニットの一部先行展示と、
ジュバンドーニの一部先行販売をしています。
『羊と女』の詳細、オトプケニットとジュバンドーニについてはまた少しずつ紹介していきますが、
まずは実際に手に取って、見て、触って、被っていただいて、
オトプケニット&ジュバンドーニの想いや背景も感じていただけると嬉しいです。
是非店頭にてお確かめください!
お待ちしております!


[PR]
by pichipatty | 2018-10-11 22:46 | お店 | Comments(0)